南望 備忘log

100均文具!(3)*シャープペンシル*2012年06月20日 15:36

 シャープペンシルも安くなって高性能化が進んで、すごくいいんだけど、なぜか、アニメのレイアウト用紙としっくりなじまなくて、アニメの仕事のときはもっぱら鉛筆。

 でもやっぱ、シャーペンは便利なんでね。落書きしたり、漫画の下絵描いたり。以前に比べると、ホント、安くて高性能のシャーペンは巷にあふれている。
 その中でも、三菱uniのKURU TOGAはすんごく評判がいいみたいなんで使ってみた。上の2本がそう。

 でも、おいらには合わなかった。芯が出るメカが筆圧にあわせて引っ込んだり出たりする。これが気持ち悪い。先のほうの可動メカ部分が、なんだか目障りで邪魔。複数使うとき、芯の種類を表示する窓はないようなので不便だ。

 そこで従来の普通のシャーペン。PentelのGraphgear500が、今のところ、自分の中では一番のシャーペンだ。この上のGraphgear1000というのも在るけど、500のほうが好き。先の形が最高にイイ!しかも安い。ただ、ぺんてるのホームページにはもうないんで、ひょっとすると、生産中止なのかも。
 Graph1000 0.5mm は以前使っていたな。これもよかった。いま、ホームページに在るのはGraph 600だけのようだ。
 GraphgearとGraphの名前の使い分けは何なんだろう?

 ホントはグリップのところが金属のタイプはいやなんだけど、今は、プニュグリップという強い味方があるんで大丈夫なんだ!
 改めて言いたい!「プニュグリップ、ありがとう!」>これも100均においてあるところもあるんだけど、実はホームセンターにはもっと安く置いてあったりする。駄目じゃん。
ありがとー(T_T)


 さて肝心の100均シャープペンシルだけど、真ん中あたりの黒い0.7mmが100均ものだ。先の形といい、プラの質感といい、及第点だよ。次の白いZEBRAシャープペンシル テクト05 も安くてすごくいいんだけど、とても似た感じ。もちろん、ZEBRAのほうがつくりがいいけど。どっちも芯の種類を表示する窓はない。

 最後はPILOT パイロット S10 低重心でイイ感じ。おいらにはちょっと重すぎる気がする。

 これだけだと、100均シャーペン、全然たいしたことなかったワケだが、これじゃないの。

2mm芯の芯ホルダー、正確には、100均のはシャーペンなんだけど、これがかなりいいんだ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://namwo.asablo.jp/blog/2012/06/20/6486519/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright ©2012 NAMWO. all rights reserved.