南望 備忘log

北海道立文書館(ほっかいどうりつもんじょかん)別館2012年11月11日 13:26

BIG EGGSで学校に向かう途中、いつも見かけるえらくカッコイイ、アールデコ様式の建物が北海道立文書館(ほっかいどうりつもんじょかん)別館。

北海道立文書館(ほっかいどうりつもんじょかん)別館

 かっこいいなあ。こんな場所で仕事がしたいなあ。
 遠い昔、AKIRA連載中、師匠もさることながら、故今敏氏とか、周りの連中も一時期むやみにアールデコに傾倒していた。作中の何から何までアールデコにしていた時期があったなー。

 そういや、その頃、PARCOの装飾とか、当時エレベーターガール(がいた!)の服装もアールデコだった!

 アメリカが、ヨーロッパの伝統的な装飾を片っ端から取り入れて、下品のきわみだと世界の顰蹙を買っていた(今では、歴史的建造物扱いされている装飾過多の建物ですら創建当時はキワモノだった)時期を脱して、世界もアールヌーボーを経て新しい時代の潮流に押し流されて文明を感じさせる建築様式へと変貌してゆく時代、アールデコはアメリカでひとつの完成を見たわけだ。

 それぞれの国で、それぞれの様式を引きずった上品なアールデコ様式が完成して行ったけれど、おそらく伝統がない分、アメリカでは、より自由な発想で飛躍出来たんだ。

 映画バットマンのゴッサム・シティがデザインされるたびに、パラレルワールド的な、未来におけるアールデコの進化形が提示されるのはとても楽しい!

 自分も、アニメ「メトロポリス」で、アメリカじゃないアールデコのひとつの体系として、オーストリア(オットー・ワーグナーのデザインの系譜、ウィーン分離派(ゼツェッシオン))が世紀末から更に発展を続けて、ソ連のスターリングラードへと続くパラレルワールド的な未来像を提示したが、りん監督には理解してもらえず、途中でデザイン的夾雑物が入り込み、わりと凡庸な世界観に終わってしまった。

 面白いのは、当時、建築は装飾をしないといういうことがとても勇気のいることだったということ。日本人にはなかなか考えにくいけれど、当時、ヨーロッパでは空間恐怖症的に装飾を施さないと建築は完成しなかった。あまりに何もない日本の集合住宅なんか、「住宅は住むための機械である」という名言を残したル・コルビジェ的には理想的な出発点なのかな、なんて思ったりしたものだった。

 でも、BD(バンドデシネ)作家が当たり前のようにして描く装飾的建築物が、日本人には相当無理しなければ描けないという現実は、最初、とてつもない壁のように思われたけど、先日の学校での森本晃司氏の話にも有ったように、身の周りを注意深く観察して再構築すれば、面白い世界は出来上がるって事だ。

 リドリー・スコット監督の作品には「立ち食いそば」「雑多なネオンサイン」「商店街に下がるプラスチック製の桜の花」「デコトラック」など、日本人にはおよそ見慣れたつまらないものが彼の目を通し再構築され、我々日本人が見たことの無い異物のように出現する驚異!

 まだまだ、新しいものが身の回りから発見される余地はあるんだ。



コメント

_ 呑み屋のおやじ ― 2012年11月15日 23:46

先日はありがとうございます。

ちょうどいま『ブレードランナー』の
サントラレコードを聴いていました
『メトロポリス』のオマージュでもある
この映画だいすきです。

アールデコ様式の
札幌道立文書館は以前(30年くらい前)
三岸好太郎美術館でありました。
現在は北海道知事公館の敷地裏にあります
大正時代に彼(奥様)が立てた家も
アールデコな家だった気がします‥
だからこの建物を美術館に
したのかも?

すてきな空間でしたよ。

ではまた

_ NAMWO ― 2012年11月18日 16:25

 こんにちは。先日はお世話になりました。あの後、ホテルまで帰れなくて往生しました。毎度のことなんですが。なまじ方向感覚有る気がしてるもんだから駄目なんだと思います。

 ブレードランナーはとても思い入れが有ります。デッカードはチキン野郎で丸腰の女を後ろから撃ち殺すような奴!それが、主人公のように登場して物語の中心にいるものの、目撃者以上の何者でもない。そして、ストーリーの根幹を成す落としどころが二転三転して、改訂版が出るたびにストーリーさえ意味が変わってしまうという変な映画。なのに、あまりにおおきな、メタファーをたくさん抱え込んでいて、見るたびに新しい勝手な思い込みを提供してくれるすばらしい映画です。プリスの死に様や、写真を集める行為や、チビの老人技術者、秋葉原の持っていたイメージ、烏口のネオンサイン。もうたまりません。

 何よりも、犯人を追い詰める刑事の相似形でありながら、一方的に卑怯者でモノローグはあくまでも主人公そのもの。というパロディなんだかマジなんだかよく分からない構成もツボでした。

 リドリースコットの日本趣味が炸裂した一発目ですよね、ブレードランナーは。あれから何度彼の映画に立ち食いそばが出てくることだろう。というか、立ち食いそばが街を構成する大切なガジェットであることを認識できたのはリドリースコットのおかげです。そこから敷衍して我々も日本に有る、見慣れていてともすれば見落としてしまうおかしなものに気がつくようになりました。

ああ、感謝の「ブレードランナー」なのです。

_ NAMWO ― 2012年11月18日 16:38

 アールデコにコメントいただいたのに、「ブレードランナー」に食いついてしまいました。すみません。「ブレードランナー」を語り始めると止まりません。(^@^)

 坂本龍一の「未来派野郎」でサンプリングされている音声はトラウマのように耳に残っています。

 あの建物の配色は以前からあのままなのでしょうか?落ち着いていて実によい色合いですよね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://namwo.asablo.jp/blog/2012/11/11/6630983/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright ©2012 NAMWO. all rights reserved.