南望 備忘log

リンクのページを充実させよう!(1)2012年06月01日 14:34

 旭川食べ歩き他: “ちぃさま”人生は千の悦楽
 おいらの心の故里、神楽中学校を卒業された方のサイトだ。旭川の食べ歩きデータベースも楽しい!

 ==★★★ 旭川発つばさ号!★★★==
 友人のfederico氏に教えてもらったサイト。すばらしい!
 旭川電気軌道(元、路面電車、今はバス会社)の超カッコイイ、バスの記事が満載!その名は「MR430」!痺れた!まさに旭川レトロのシンボルとして復活してもらいたいものだ!それにしても、旭川電気軌道って名前もグッと来るぜー!!
 モウ、旭川の古い部分を完璧に掘り起こされている、夢のようなサイトだ!旭川レトロにふさわしい、研究報告型、愛情横溢「おいらにも愛を少し分けてください」なサイトだ。

 HDR : ハイダイナミックレンジの光と影
 おいらにHDRの事をすべて叩き込んでくれた、まるで忘れがたき恩師のような、「三歩下がって師の影を踏まず」なサイトだ。

 mop-collection
 友人の銀細工作家のMOP氏のサイトだ。「静かに眠る」ってシリーズは、長いときを経て、森の中で消えて行った無数の猫の魂が昇華したような作品で、琴線を搔き鳴らすこと、まったく持って不埒千万な作品群。けしからん!!
 おいらが金持ちになった暁には絶対コレクションするから、覚えておきやがれ的な宝物サイトだ。

 Federico's Dollhouse
 幼稚園からの記念写真撮影の時には一緒に写っていた事から、その長い付き合いが判明した、長いだけがとりえの付き合い代表、federico氏のページ。
 四谷シモン氏のもとで人形製作を学び、実物大の多くの作品を作成。フランス好きが高じて、最近フランス人的な風貌に変化してきている。
 フランスといえば、最近メビウスこと、ジャン・ジロー氏が亡くなっちゃったんだよね。ひとつの時代が終わったって感じだ。寂しいなあ。
 おっと、横道に逸れてしまった。federico氏の出発点はダニエル・ビダルなのだ!おそらく、終着点も。彼は最終的にはダニエル・ビダルを再生する天馬博士になるんだと思う。

 白痴ランド
 師匠のご子息、昇平君のサイトだ。うまいっ!しかし、昭和の香りが驚くほど充満しているなあ。
 昔はピアの表紙なんかを手がけられてた及川正通氏のタッチによく似てるなって思ってたけど、毒の強さや、突き放した態度が、ホント、オヤジさんに似てきた気がする。むしろ、横尾忠則氏や、もう少し下ると、丸尾末広氏的な、アナーキーなテイストが強く押し出されてきたのかな。誰かに似ているといった評価は失礼千万この上ないのは十分承知してるけど。
 これから更に飛翔するんだろうな、いい名前だもの。名は体をあらわし、タイは名倉をあらわすってくらいだから、まだまだうまくなるんだろう。
 風貌も、もともと似ていたけれど、ここに来てまあ、オヤジさんにそっくりになって、コイツもオドロキだ!

コメント

_ ちぃさま ― 2012年06月01日 22:03

南無ヲ様 
リンクありがとうございます。旭川の記事はあまり充実していないのに恐縮です。南無ヲ様は神楽中学校の先輩なのですね!元校舎の更地を見るたびに悲しくなります。
ここ数年は帰省の度にかわりゆく神楽に驚くばかりです。69年の神楽地区の記事に目が釘付けになり拡大して見入ってしまいました。クリスタルホールや博物館のあったあたりは、昔営林署の官舎?でよく友人宅に遊びに行ったものです。球場も覚えています。私の通った神楽幼稚園はなくなってしまいました。

南無ヲさんはマンガを描いていらっしゃるのですね。これからのご健闘をお祈りしています。またブログおじゃまさせていただきます。

_ 南無ヲ ― 2012年06月02日 13:47

 ありがとうございます。ブログを開設して、初めての、知り合い以外の方のコメント!うれしいです。
 実は私も神楽幼稚園でした!!よくコメントしてもらってる、federico氏も神楽幼稚園でした!
 私は小学校のときだけほかの街に行ってたんですが、中学校になってまた神楽に戻ってきました。一年のときは千葉先生、二年三年は斉藤先生。美術は合田先生。同じ先生はいるかな?
 幼稚園は松枝先生のクラスでした。その次の年は確かミヤザキキクコ先生(うろ覚えですが)のクラスだったような・・・。先生のお話を無視して折り紙をクラスのみんなに教えて、困らせた記憶があります。
 運動会は小学校か中学校のグラウンドを借りてやったんですよね?こんな話をしていると、足袋をはいて走る地面の感覚がよみがえってきます。
 幼稚園もグランドも何もかも無くなってしまいましたね。
 友人のfederico氏はもう実家も北海道には無いのに、時折一人旭川に来ては、あのあたりを徘徊し、夜空に遠吠えを残して帰ってゆくのです。
 彼も、なくなってしまったあの街が、やはり故里と呼べるネバーランドなんだと思うな。

_ Federico ― 2012年06月02日 15:04

リンクありがとうございます。しばらく放ったらかしだからまた更新しなくちゃ。 神楽幼稚園の松枝先生は美人の先生で、お嫁に行って辞めちゃって本当にガッカリしました。自分は昔から面食いだったみたい。運動会、昔は足袋でしたね。履いてるうちに親指の付け根が痛くなってきたっけ。神楽小学校では在学中にグラウンドに火山の軽石の砂を入れて水はけを改善しました。グランド一面が軽石の白っぽい色に覆われて明るくなりました。正門正面に新しい校舎が増築されて6年生はそこに入れたんだけど、出来立て校舎の床のニスの匂いが鮮明に思い出されます。その校舎ももうないけど。神楽はまさに心の故郷です。たまに旭川に行くと空港からまず向かうのは神楽3条6丁目です。官舎街はないけど、237号線の向こうに見える伊の沢やサンバレー(今のサンタプレゼントパーク)の山の風景は変わらない。見本林も木が寂しくなったとは言えほぼそのまま。よく初詣に行った上川神社の境内もほぼそのまま。「フィールドオブドリームス」みたいに、昔の官舎街を作れば昔の住人が戻ってきたりしないかな。

_ shockatz ― 2012年06月03日 22:49

南無ヲ様
リンクありがとうございます。
北陸(金沢・富山)で5年ほど、ノンビリHDRを撮っています。
HDRerはやはり都市圏の被写体が強力で、地方だとすぐネタ切れになるのですが、「日常と人物をHDRで撮る」ことを目的に何とか食いつないでいます。
記事を拝見すると旭川も魅力的な街のようですね。北海道在住というのも少々羨ましいです。今後ともよろしくお願いします。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://namwo.asablo.jp/blog/2012/06/01/6464717/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

Copyright ©2012 NAMWO. all rights reserved.